グルメ検索

エリアから探す

ジャンルから探す

目的・特徴から探す

グルメ以外の検索

HOME > グルメ > かん袋

信長、秀吉、千利休も食べた 堺を代表する老舗の甘味処

かん袋

かんぶくろ

掲載情報は取材時のものです。諸事情により変更されている場合がありますのでご了承ください。

ご利用の際には、事前に必ず掲載店に確認してください。当サイトではいかなる責任も負いません。

この店について、閉店・移転・掲載データの誤り等がありましたらこちらからご連絡ください。

“堺名物”といえば、何といってもこの店の「くるみ餅」。創業は鎌倉時代末期の1329年。当時は「和泉屋」という屋号だったが、その後、豊臣秀吉によって今の屋号が名付けられたといわれる。一口サイズのお餅を、抹茶味のあんにくるんで食べるから、くるみ餅。この上にシャリシャリのかき氷をかけた「氷くるみ餅」もファンが多く、特に夏場はうってつけ。

基本情報

名称 かん袋(かんぶくろ)
住所 大阪府堺市堺区新在家東1-2-1堺市堺区
電話番号 072-233-1218押すと電話を発信します
営業時間 10:00~17:00(売切次第閉店)
定休日 火・水曜日(祝日の場合は営業)
駐車場 30台
アクセス 阪堺線「寺地町」駅より徒歩3分
業種 [カフェ・喫茶] [スイーツ] [和菓子] [甘味処] [カフェ・喫茶] [スイーツ]
目的・特徴 [駅から5分以内] [駐車場あり] [イートイン可能] [一人でも気軽に入れる]
その他 ●「堺のおいしいお店(2007年4月発売)」掲載
このページの内容は雑誌掲載時の内容をもとに作成しています。掲載情報は諸事情により変更される場合がありますので、ご利用の前には必ず掲載店に確認してください。
なお、閉店・休業・移転・掲載データの誤り等がございましたら、お手数ですが こちら からお知らせください。

地図

大きな地図で見る